イワハ

ハワイ情報をお届け!

イーストサイド サーフポイント

ハワイのサーフポイント一覧イーストサイド編

投稿日:2018年12月31日

ハワイのイーストサイドのサーフポイント一覧

コックローチベイ

ワイキキから車で約40分位走り、シーライフパークハワイの反対側にあるサーフポイント、コックローチベイ。通称、ベイビーマカプウ。

駐車場はカウポベイの駐車場に止めるか、出入りの邪魔をしないようにそのまま砂浜に入り込む。コックローチベイは湾になっている為、うねりが抑えられ初心者でも安心して入ることができる。比較的メローな波質で冬には良い波がありワイキキの波質に近い。右にいけば行くほど浅く右手には「スーサイド」と呼ばれるエキスパートオンリーのサーフポイントがある。コックローチベイ全体はリーフ。リーフ自体はフラットだが浅いので注意したい。

ラビットアイランドを望む景色のいいサーフポイントでローカルが家族と楽しく過ごす絶好のポイントとなっている。

ハワイサーフポイントベイビーマカプウ

 

マカプウ

マカプウ展望台を過ぎた右側のビーチがサーフポイント、マカプウ。駐車場はシーライフパークハワイ入口の反対側、マカプウビーチパークの駐車場に止める。

サーフポイントと言ってもサーフィンが日中禁止されていてほぼボディボード専用のサーフポイント。強烈なショアブレイクと強烈なカレントで知られていて日中にサーフボードで海に入る事は禁止されている。夕方5時30分以降サーフィンが可能になるが前述のように全てが強烈。この強烈なカレントに乗ってサーフポイント、ジェネラルズを越えてラビットアイランドのサーフポイントでサーフィンが可能だがサメの噂が絶えない。またラビットアイランドのサーフポイントへいくのはベイビーマカプーから行くのが一般的。

ハワイサーフポイントマカプウ




サンディビーチ

ハワイのイーストサイドを代表するサーフポイント、サンディビーチ。週末は多くの人で賑わいランチワゴンも多く出店している。

ここもまたショアブレイクが強烈で基本的にボディボードとボディサーフィンのサーフポイント。ハワイで最も危険なショアブレイクのサーフポイントとして知られている。インサイドで割れる強烈なショアブレイクはビーチの間際で急にホレ上がる。別名、ブレイクネックビーチ(首折れビーチ)と呼ばれ強烈なリップを食らうと骨折も十分あり得る。また水面からリーフが飛び出している場所もあるので注意したい。







-イーストサイド, サーフポイント
-, , ,

関連記事

ハワイサーフポイント一覧

ハワイのサーフポイント一覧ワイキキ編

ハワイのサーフポイント一覧   クリフス ダイヤモンドヘッドにあるサーフポイントの一つ、クリフスは地形的に海に突き出していて広範囲のうねりを拾うことができ沢山割れるポイントがある。そのため、 …